伸びる中小企業、衰退する中小企業。その差はなにか!?

伸びる中小企業の特徴

弊社は中小企業を対象にWebマーケティング展開のご提案をしています!

何故なら、世界有数の経済大国日本を築いた真の立役者は中小企業だと思っているからです。

中小企業の実態

日本には421万社の法人企業はありますが、そのうち大企業はたった1.2万社で、残りの419.8万社は中小企業で、実に世の中の会社の中の99.7%を中小企業が占めています。

しかし、世の中の表舞台に立っているのは大企業で、学生の就職希望先も大企業、企業が計上する利益の殆ども大企業が上げていて、中小企業はなかなか日の目を見ることはありません。

ところが実際のところ、大企業は部品を組み立てて完成品をつくるだけのアッセンブリーメーカーが多く、実はその舞台裏でしっかりと技術を蓄積し、大企業と日本経済の基盤を支えているのは中小企業だと思います。

日本経済を支える中小企業のお手伝いが少しでも出来たならとの思い、中小企業専門のWebマーケティングの支援とホームページの作成を行っています。

今回のエントリーはそんな中小企業の中でも成長していく中小企業にはどんな特徴があるかを掘り下げて考えてみたいと思います。

中小企業の特徴

まずは、中小企業の特徴から整理してみます。

中小企業には、どの様な特徴があるでしょうか?

1.資金力が脆弱

中小企業はぶっちゃけ大企業のように潤沢な資金がない点が特徴の一つです。

大企業と比較すれば売上高も少なく、利益率も低い場合が多いので当たり前のことなのですが、、、

企業間で熾烈な競争が起こった場合、最後は資金力の闘いになります。大企業の圧倒的な資金力に押しつぶされ厳しい状況に追いやられてしまう中小企業の例は枚挙に暇がありません。

まず、中小企業の第一の特徴は例外を除いてお金がありません!ズバリ、お金の使い方にかなりシビアです。また、シビアでなければあっという間に存続の危機に陥ってしまいます。

2.人材力が弱い

大企業には有名大学を卒業した優秀な学生が毎年何人も入社し、多岐にわたる専門知識と高い能力を保有した人材に溢れています。

反面、中小企業は大学を卒業した新卒社員を採用するなんて、夢のまた夢!縁故や知り合いの紹介を通じてやっとの思いで採用した中途入社の社員がわずかにいる程度。

人材の質・量ともに、ほとんどの中小企業は不足しています。

将棋で例えるなら、大企業は社長である王将の周りを金銀飛車角が固め、様々な経営テーマにしっかりと対応できる人材が揃っています。

一方、中小企業は王将である社長の周りある駒は、せいぜい歩だけで、殆どの場合、王将が孤軍奮闘しています。

そうです、二番目の中小企業の特徴は社長の思いを具現化する優秀な幹部やスタッフなどがいません。ズバリ、人材に恵まれていないんです。

3.ブランド力がない

大企業は社名や商品名(商品ブランド名)を多くの人が知っています。

一方、中小企業の社名を知っている人は、その会社に勤めている人くらいのもので、世の中のほとんどの人がその存在すら知りません。

ましてやそこの商品名やサービス名なんて、全くというほど市場で認知されていません。

三番目の中小企業の特徴は知名度が低く、またブランド力がほとんどないため市場から認知されていないケースがほとんどです。

この様に中小企業の経営は金ない、人ない、ブランドないのないないづくしでの経営ですから、売上を上げ、利益を出すのがほんとうに難しく、少しでも油断したらあっという間に存続の危機に晒されてしまうというのが現実です。

中小企業の強み

今まで、中小企業の弱点を列挙してきましたが、中小企業ならではの強みもいっぱいあります。

1.社長の情熱

中小企業のカラーとはズバリ、社長のカラーです。これは社風と言ってもいいでしょう!とにかく、社長の姿勢がそのまま会社の社風と直結します!

中小企業の経営者は、ほとんど例外なく、バイタリティーに溢れ、その事業に対して熱い情熱を持っています。

私が仕事を通じ触れ合う中小企業経営者の特徴も、会社の将来の夢やビジョンを語りだすといくらでも話し続け、止まらないというタイプの方が多く、ほんとうに皆さん熱いです。

人一倍汗をかき、四六時中顧客のことを考え、社員を家族と同じ様に接し、会社の存続と繁栄のために心血を注いでいます。

中小企業はお金もなければ人材にも恵まれていません。しかし、社長の情熱こそが中小企業の存続を可能ならしめていると弊社のお客様とのふれあいを通じ感じている次第です。

2.挑戦と革新性

先に紹介した、社長の情熱と関連がありますが、伸びている中小企業の特徴は、とにかく守りよりも攻め!安定よりも挑戦と変革を続けている企業が多いです。

弊社のお取引先でも、以前は家電店だったのに今では売上の半分近くがコンピュータシステムの販売に変革した企業や、もともとは広告代理店だったのに最近では半分、ユーチューバーに転身された社長もいらっしゃいます。

とにかくその挑戦意欲たるや、びっくりさせられます!

大企業ではこんなドラスティックな変革は難しいですよね!?

中小企業だからこそ、外部環境の変化を肌感覚で捉え、その変化に柔軟に対応し、しぶとく継続し続けることが出来るのだと思います。

3.スピードと機動力

大企業はとにかく遅いです。

なにか事をはじめるにしても、主任・係長・課長・部長・本部長・役員と何人ものハンコがなければどうにもならないという企業が未だにあります。

まあ、それはしょうがないですよね!なにしろ図体がでかいんですから!

しかし、中小企業は社長がやるといえば何でもすぐにはじまります。しかも始めたらその実行速度もとにかく迅速です。(若干拙速だなと思うことも時々ありますが・・。)

このスピード感が中小企業を存続させ、大企業とも互角に戦える重要な要素だと思います。

伸びる中小企業と衰退する中小企業

中小企業にはカネない、ヒトない、ブランドないのないものづくしです。やはり経営としては難しい舵取りが必要です。

しかし、中小企業には決して大企業では実践できない革新的な挑戦や市場・マーケットの変化に対して肌感覚で理解し、迅速に対応するという強みもあります。

伸びる中小企業は肌感覚で市場の変化を感じ取り、半端なくスピーディーに対応していく企業で、間違えなく社長が情熱に溢れています!

しかし一方で、衰退していく中小企業もたくさんあります。

その違いは何か?

ズハリ、上記に上げた創業時の情熱やマーケット感覚、スピードを失ってしまい、弱点ばかりが前面に出てしまっている中小企業です。

小さな成功体験に固執して変化せず、カネがないから無理、人材がいないから出来ない、知名度がないから売れないと言い訳ばかりの会社です!

まとめて、両者を比較すると下記の通りです。

伸びる企業の特徴

  • 市場の変化を肌感覚で感じ取り、商品やサービスを市場のニーズに的確に合わせる
  • とにかく迅速に意思決定し、即行動に移す
  • 新しい情報に貪欲で、いろんなところにアンテナを張り巡らせている
  • 社長の鶴の一声でやると決めたらTOPから末端に至るまで一致団結して行動する
  • 明確でメッセージ性の高いVISION・夢があり、末端まで浸透している
  • TOPの社員に対する姿勢が感謝と愛情に溢れている
  • TOPが積極的に新しいメディアを活用して商品や会社のPRを行う
  • 社会貢献意識が高く、環境問題などに積極的に取り組む

衰退する企業の特徴

  • 過去の成功体験に囚われ、市場の変化に対応しようとしない
  • 何をやるにしても「難しい」が口癖で、行動に移そうとしない
  • 今までのやり方に固執して、新たなものを取り入れない
  • TOPが権限を移譲せずに責任のみを追求するため労使の一体感が生まれない
  • VISIONがなく、日々の日常に追われている
  • 社員に対して働かせてやっているという意識を持ち、社員から搾取する気持ちが強い
  • TOPが表に立つことを嫌い、新しいメディアを積極的に利用しようとしない
  • 自分や会社のことばかり考え、環境問題や社会貢献などは二の次

今は中小企業にとって成長のチャンス

コロナ禍の現在、企業を取り巻く経済環境・経営環境はまさに大転換期!間違えなく潮目が変わっています。

このような転換期は、挑戦意欲が高くスピードがある中小企業にとっては絶好のチャンスだと思います。

中小企業を取り巻く環境変化

  • 今までの常識や当たり前がコロナによって大きく変化し、新しい日常が生まれつつあります。
  • 価値観の多様化・個別化により市場もニッチに細分化(セグメント)され、中小企業がますます活躍出来る環境が整っています。
  • DX(デジタル・トランスフォーメーション)により、経営・マーケティング・マネジメント・経理・人事などすべての業務フローが抜本的に変わります。そして、驚くほど効率化されます。

これらの変化を大企業よりもいち早く敏感に感じ取り、大企業がどっこいしょと重い腰を上げる前に、迅速にITやインターネットを有効に活用し、マーケティングの仕組みを構築できれば、今まで殿様商売をしていた大企業を手玉に取り、翻弄させることが十分できます。

今こそ、ITに投資する

実際に、ここに面白いデータがあります。

このグラフは、ITへの投資と企業業績の関係を調べた調査結果です。

ITへの投資が経営の最重要課題だと答えた企業は増益の企業が多いのですが、ITの投資は必要ないと答えている企業は減収の企業が多いことが見て取れます。

そうです、伸びる企業は積極的にITに投資しているのです。

社長!今こそITに積極投資しましょう。

前段で申し上げた通り、中小企業とは社長が全てです!社長のマーケット感覚、社長の決断、社長の情熱と執念で中小企業はどうにで変わります!

そうです!会社を伸ばすのも社長、衰退させるのも社長。社長の器、社長の決断、社長の姿勢が会社を決めるといっても過言ではありません!

ホームページを作成し、DXを推進しましょう!

これをお読みの中小企業の社長で万が一、まだホームページをお持ちでない社長がいらしたら、大至急制作しましょう!弊社は中小企業が資金力に余裕がそれほどないことはわかっています。なのであまりお金を掛けずに、低コストで効果の上がるホームページを弊社が責任もって作成させていただきます。

また、ホームページは創っているが、そこからなんの成果も上がってないとお嘆きの社長!一緒にIT戦略・Webマーケティング戦略を練りませんか?ITは単なる業務効率化のツールではありません。ITを使って顧客体験を刷新して、儲かるビジネスモデルを構築し、中小企業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)で、会社を思い切り躍進させませんか!!

ぜひぜひ、お気軽にお問合せ下さい、

フォローをお願いしますm(_ _)m

投稿者プロフィール

渡瀬 吉朗Webマーケティングコンサルタント
戦略的Webサイト制作会社
株式会社イーエックス 代表取締役

広告関連企業にてトップセールス&トップマネージャーを経験後、経営コンサルティングファームに転職。

コンサルティングファームで企業の繁栄を考え続けたらWebマーケティングの世界にたどり着きました。

その後、株式会社イーエックスを設立し日本の経済を支える中小企業の皆さんが既得権や大企業と戦うためのWebマーケティング戦略の策定や戦略的SEO対策を提供しています。

ホームページを最強の営業マンに変える改善マニュアル

あなたのホームページが儲からないのは、たった3つのシンプルな原因です!
ホームページで儲けるために、今すぐあなたが取り組むべき26の実践具体策を一挙公開!
これを読めばあなたのHPが最強の営業マンに生まれ変わります!