浜松市の鈴木康友市長、7日から飲食店の休業要請を解除!

浜松の飲食店を守ろう!

Webマーケティングには直接関係はありませんが、鈴木康友市長が浜松市内の飲食店の休業要請を解除する意向を明らかにしました。

「経済活動をいつまでも自粛させておくこととの兼ね合いを考えないといけない」と述べ、外出自粛の動きが長引く中で、地域経済への悪影響を和らげる必要があるとの考えを示した。

※読売新聞(オンライン)

本当に難しい判断だと思いますが、現実を直視すればこのように判断せざるを得ない気持ちも分かります。

コロナ感染抑制と経済&財政のバランス

要請を延長せよ!と言うのは簡単ですが、当然、休業要請を延長させたら4,000件の飲食店に対する補償もセットで出さねばならず、その財源を考えねばなりません。

市長室の奥深くの金庫を開けると打ち出の小槌がしまってあって「AUペイで!」って寝言を言えば小判がザクザク降って湧いてくるのならいいのですが、多分、市長室に打ち出の小槌はありません。(笑)

振りたくても、無い袖は振れないんです。

そんな状況の中、もしあなたが市長だったらどう考えますか・・・?

今こそ私達、浜松市民の頑張りどころ

ただし、休業要請が解除されたから皆んな街に繰り出してどんちゃん騒ぎしてもいいですよってことではありません。

国としての緊急事態宣言は延長される意向です。

緊急事態宣言が解除されるまでは「STAY HOME」を合言葉に浜松市民、いや日本国民が心をひとつにして不要不急の外出を控えた節度ある行動を続けましょう。

しっかりと手洗い、うがいを励行し、時々は馴染みのお店でテイクアウトしたり、混雑を避けながら少人数でソーシャルディスタンスを保ちながらの飲食は許容されるでしょう!

▼TAKE OUTが出来るお店はこちらのサイトで確認できます。

浜松市民として、知恵を絞って浜松の飲食店を守る努力も全力で行いましょう!!

コロナの次にやってくるもの

日本赤十字社が「ウイルスの次にやってくるもの」という動画をYOUTUBEにアップさせました。

※日本赤十字社

新型コロナウイルスは本当に恐ろしいと思います。

その感染力の強さ、予想を上回る致死率が直接的な恐ろしさです。しかし、そのウイルスとしての怖さだけではなく、この不安と混乱は確実に私たちの心に忍び込んできています。

浜松で感染された方のお宅に心無い張り紙が貼られたなどの噂も聞きます。どうが、冷静に心穏やかに過ごしていきたいと思います。

そして、、、

まだ皆んなイメージできていないかもしれませんが、この後、私達を襲うであろう不況、いや大恐慌と言ったほうが正しいかもしれません。

確かにコロナは恐ろしいですが、次にやってくるもっともっと恐ろしいものへの対策、そちらの準備も怠り無く!

ズバリ、オンライン経営へ大きく舵を切り、少数精鋭で成果の上がる経営体質への転換を早急に図りましょう!!

フォローをお願いしますm(_ _)m

投稿者プロフィール

渡瀬 吉朗Webマーケティングコンサルタント
戦略的Webサイト制作会社
株式会社イーエックス 代表取締役

広告関連企業にてトップセールス&トップマネージャーを経験後、経営コンサルティングファームに転職。

コンサルティングファームで企業の繁栄を考え続けたらWebマーケティングの世界にたどり着きました。

その後、株式会社イーエックスを設立し日本の経済を支える中小企業の皆さんが既得権や大企業と戦うためのWebマーケティング戦略の策定や戦略的SEO対策を提供しています。